弁護士を依頼するのに必要な費用の種類

弁護士を依頼するのに必要な費用の種類

弁護士に相談、依頼をする場合に一番気になるのが費用ではないでしょうか。
日常的に弁護士のお世話になることはないと思いますので、それにかかる費用もいまいち想像しづらいと思います。
弁護士に相談、依頼をする場合に発生する費用で主なものは以下のとおりです。

相談料、着手金、報酬金、手数料、実費弁護士に依頼をするにはまず相談からスタートしなくてはいけません。
30分相談無料など、一定時間無料で話を聞いてくれる弁護士さんもいらっしゃるのですが、重要な用件を30分で終了させるのはほぼ無理だといっていいでしょう。

30分5000円など時間制で料金が発生することが多いですね。

そして着手金。
こちらは仕事を依頼した段階で払う費用です。
こちらのお金は依頼が成功、失敗にかかわらず必要なものです。
報酬金は、依頼に対する成功報酬ですから、失敗した場合は支払う必要はありません。
手数料は、手続きにかかった費用のことですね。
契約書、遺言書の作成や、会社設立、登記など事務的な処理にかかる費用のことです。
最後に実費ですが、こちらは宿泊費や交通費など、依頼を行ううえで発生する費用です。

最初の相談の段階で、これらの必要な費用の明確な説明があれば良いのですが、ない場合は、追加費用を請求されるケースもありますので、
しっかりと説明を求めておきましょう。

    Copyright(C) 法律で困ったら!弁護士を頼むために抑えておきたいポイント All Rights Reserved.