弁護士の種類

弁護士の種類

私たちが思い浮かべる一般的な弁護士のイメージというと、町の中に事務所を構えて、離婚の裁判であったり、金銭トラブルの訴訟などの相談、債務整理などの業務を行っているといった感じだと思いますが、こういった弁護士のことを町弁と呼びます。

町弁と呼ばれる弁護士さんは、いわゆる何でも屋的な存在で、上記のように幅広くいろいろなことをやっています。
ただ、弁護士にも離婚問題に強い、金銭トラブルに強いなど、得意不得意の分野もありますし、企業の顧問になっていたり、刑事裁判をメインにやっている人もいるようです。

この町弁のなかで、自分の事務所を持っておらず、他の弁護士の事務所に勤めている人をいそ弁と呼んだりします。

弁護士になったばかりの人が、いきなり自分の事務所を構えるのは容易ではありません。
いわゆる修行期間のようなもので、いそ弁として、勉強、貯金を重ねて独立という形をとることが多いようです。

そのほかには、数人の弁護士が協力して共同経営という形で事務所を運営していることもあります。

弁護士をテーマにしたドラマなどが放送されることもありますが、若手俳優、女優が演じている場合は、大抵はこのいそ弁、新米弁護士として修行を積んでいるというシチュエーションが多いですよね。

    Copyright(C) 法律で困ったら!弁護士を頼むために抑えておきたいポイント All Rights Reserved.