企業内弁護士とは

企業内弁護士とは

私たちが想像する弁護士さんは、町中に事務所を構えていて、なんでも相談に載ってくれる、そういった存在だと思います。

実際に間違いではないのですが、中にはちょっと特殊な弁護士もいます。
企業内弁護士というのもそのひとつですね。
企業内弁護士とは、いわゆるサラリーマンと同じで、企業に雇われている弁護士さんのことです。
会社からすると弁護士の資格を持っている社員という事になります。

企業内弁護士は、勤めている企業の法律関係の業務を担当するので、勤務先の企業が訴訟などの問題が発生しない限り法廷に出廷することもありません。
ある程度の規模の企業の場合、法務部などもありますし、基本的には業務内容も変わらないのですが、より専門的な知識を持っている人材ということで重宝されますし、何がおきるか分からない時代ですから、いざというときに訴訟などへの対応が出来るということで企業にとっては頼もしい存在です。

多くの町弁と呼ばれる弁護士さんは、基本的に自営業で収入が不安定なのですが、企業内弁護士は給料制なので、収入が安定するというのも特徴です。
会社によって条件は違うでしょうが、自営業よりは金銭的な不安もなく、業務にもゆとりがあるので、堅実さを求めるのなら企業内弁護士はメリットが大きいと思います。

    Copyright(C) 法律で困ったら!弁護士を頼むために抑えておきたいポイント All Rights Reserved.